40代からの骨粗しょう症対策

母が骨粗しょう症と診断され、右腕の骨が特に細くなっているから重い荷物を腕にかけてもたないようにと言われました。
それを聞いて、普段の食生活の中ではせいぜい毎日小さなヨーグルトを一個しか食べていなかった私は、ちょっと心配になってカルシウムのサプリメントを摂ろうと思い立ったのです。
ベストケンコーで探してみると、DHCのカルシウム+CBPというのが60日分入りパッケージで売られているのが見つかって、2か月もつ割にはお値段リーズナブルということで、さっそく購入しました。
卵殻由来の天然カルシウムを使用しているので安心して飲めますし、カルシウムの定着をよくするCBPが配合されていることで、より確実にカルシウムが体内に定着するのではという期待が持てるサプリメントです。
丸い錠剤のような形をしていて、のどに引っかかって飲みにくいといったこともなく、つるんと簡単に飲むことができます。
一応、毎日ヨーグルトを食べているので、一日の目安量を目いっぱい摂るのではなく、ヨーグルトを食べた日は2粒減らし、食べなかった日は目いっぱい飲むという飲み方をすることにしました。
こうした調節ができるところは、一日に複数粒を飲むタイプのサプリメントだと融通が利きやすく、非常に利用しやすいとも思います。
目安量4粒のところ、一日2粒で済ませる日の方が多いので、結果的には2か月分のつもりで購入したのがもっと長い期間もつことになって、お財布にますます優しくなるところもありがたいことです。
ベストケンコーでは定期的に他のサプリメントも買っているため、カルシウム+CBPに関しては長持ちすることから、もうなくなりそうだなというタイミングで他のサプリメントと合わせて1つだけ買うことにしています。
ベストケンコーは1900円以上で送料無料になりますので、まとめ買いをするのはちょっとなあというときや、新しいサプリメントを試したい時に送料無料にするために加えるのに、ちょうどいい感じです。
40代になってすぐに始めたカルシウムの摂取が、母の年齢になった時にどのくらい骨密度を保つのに役立ってくれているのか、今から楽しみになってきました。
閉経して女性ホルモンの分泌量が減り、骨からカルシウムが補給されるようになったら、一度骨密度測定を受けてみようと考えています。
その時に安心して検査を受けられるよう、カルシウム+CBPはいつまでも続けていこうと思っていますが、食生活の中で乳製品を食べ、そこからカルシウムを摂るのとセットで続けていくのがベストだと思っています。

Comments are closed.