慢性的な疲れ対策に選んだサプリメント

子どものころから料理にニンニクを使わない母の手料理を食べてきたこともあって、疲れた時にニンニク料理という世間一般の考え方は我が家にはありません。
その代わり、疲れた時にはビタミンBを豊富に含むとされる豚肉を食べるべきだという考え方がありました。
そのため、豚肉料理は大好きですが、あまりレパートリーがなく、毎日食べるのはむずかしいことから、効率よくビタミンBを摂るにはサプリメントだなと思いました。
そこでベストケンコーで探したところ、DHCからビタミンBミックスというサプリメントが出ているのを見つけました。
ベストケンコーでは60日分のパッケージを扱っているので、一度買えば一か月があっという間に過ぎてしまったということなくもつので、これもベストケンコーを利用することのメリットだと感じています。
DHCのサプリメントはよく愛用していますが、公式サイトにはない60日分があるのがドラッグストアサイトで購入することのメリットで、ベストケンコーにもその60日分が買えるほか、さまざまな種類をたくさん揃えています。
DHC以外のメーカーのビタミンB商品もあるので悩みましたが、お値段もリーズナブルだったので、毎日続けるにはいいなと思ったのも選択の決め手でした。
体の疲れはもちろん、肝機能の改善にも効果が期待できるというビタミンB6やB12のほか、葉酸やビオチン、パントテン酸といった成分をたくさん含んでいて、まさにマルチなビタミンBサプリメントに出会うことができました。
さらにお値段が思っていた以上に安かったので、ここはひとつ家族にも飲ませてみようと思い、まとめ買いをしました。
まとめ買いと言っても、ベストケンコーは送料無料になるまでの料金が1900円で済むので、お財布にも優しくて助かります。
ビタミンBミックスを飲みだしてからは、慢性疲労に対して対策が取れていると思えるせいか、前ほどぐったりしまくりということがなくなったような気がします。
もちろん、仕事で遅くなる日が続けばぐったりしますが、気分的な面で大いに助けられているような気がするのです。
疲れてきたからなんとしてでも豚肉料理を食べなければと、今日は鶏肉という気分になっているときに、無理してでも豚肉を選ばなくてはならないというストレスもなくなって、食事とともにサプリメントが疲労回復に役立ってくれています。
きっと一度やめてみれば、体で違いを実感するだろうと思うのですが、あのへとへとをまたあじわうことになるのが怖いので、やめることなくずっと続けています。

Comments are closed.